アドセンスでads.txtをかんたんに設置‥utf-8は無視してOK!(追記あり)

アドセンスの通知画面にこんな警告が表示されました。

要注意 – 収益に重大な影響が出ないよう、ads.txt ファイルの問題を修正してください。

ads.txtを設置すると『認定販売者』を宣言したことになります。

要するに『私は正当な権利を持って正当にアドセンスを運用してますよ~』というアピールですね。

詳しくは↓こちら

https://support.google.com/adsense/answer/7532444?hl=ja

この通知が来た時の対処方法をまずシェアしますね。

それから、ads.txtにつきまとう【UTF-8】コードとチェックツールでのエラーについて調べたことをシェアします。

ads.txtファイルの超かんたん設置の仕方

まず、ads.txtファイルは現段階では設置必須ではありません。

だから何もせずともアドセンス広告は配信されますし、今までと何もかわりません。もしかしたら収益に影響するかも・・しれませんが、これはケースバイケースのようです。

今の段階では放置するのもひとつの手です。

が、そんなに難しい手順でもないのでこの機会にチャチャっとやってしまうことをおススメします。

  1. サーチコンソールからads.txtをダウンロードする
  2. ドメイン直下にadx.txtをアップロードする
  3. ちゃんと設置できたか確認する

手順はこれだけです。

1.サーチコンソールからads.txtをダウンロードする

『ads.txt』でググってみるとadsx.txtをメモ帳などで自作すると説明しているサイトが多いですが、そんなことしなくてもGoogleがちゃんと用意してくれています。

【今すぐ修正】をクリック↓

  

【ダウンロード】をクリック

これで、パソコンのダウンロードファイルにads.txtがダウンロードされています。

中身はこんな感じ↓

pub-以下はアドセンスの【サイト運営者ID】です。

上の手順でダウンロードしたら、ちゃんと自分のサイト運営者IDが記載されていますよ。

2.ドメイン直下にadx.txtをアップロードする

このダウンロードしたadx.txtファイルを、ftpソフトかサーバーのファイルマネージャーを使って、ドメイン直下にアップロードします。

エックスサーバーを使っているこのブログの場合は、freeasacat.comの下位フォルダpublic_htmlの中にアップロードします。

サーバーによってはpublic_htmlフォルダの下にドメインフォルダがあります。ミックスホストがその形式でした。

要は、ワードプレスの3要素フォルダ、wp-admin、wp-content、wp-includesが入っているところにアップロードしたらOKです。

3.ちゃんと設置出来たか確認する

ブラウザからアクセスしてads.txtの中身が確認出来たらOKです。

このブログの場合、https://freeasacat.com/ads.txtでアクセスして、google.com, pub-○○○〇‥, DIRECT, f08c47fec0942fa0、と確認出来たらOK。

※一応サイト運営者IDは伏字にして記事作成してますが、上のurlで見れちゃいますので意味ないですね。

“ISO-8859-1” は誤った文字コードです。utf-8で作成してください?

上の手順でadsx.txtを設置して数日~1週間経つとサーチコンソールの警告は消えるはずです。このブログもまだ警告は残ったままですが、消えた段階で追記しますね。

これから書く内容は結論として無視していいと思います。本来ならサーチコンソールの警告が消えた段階で断言したらいいのですが、忘れちゃわないうちに書いておきますね。

サーチコンソールの警告が消えるまでの待っている間が不安で、adsx.txtがちゃんと設置されているかチェックしたくなります。

そんな時に使えるのがこちらのサイト。

https://fe.datasign.co/adstxt/

チェックしたいドメインを入力するとすぐに結果を返してくれます。

この時によく出るエラーがこちら↓

ISO-8859-1″ は誤った文字コードです。utf-8で作成してください。

ads.txtを保存するときにUTF-8形式を選ばないと、このエラーが出るそうです。

UTF-8は文字のコード形式で、テキストファイルを【名前を付けて保存】をするときに選べます。

UTF-8で保存

 

私もこのエラーが出たので、Googleからダウンロードしたadsx.txtをUTF-8に保存し直して再アップロード、そしてまたチェックしてみました。

次に出たエラーがこちら↓

BOM(byte order mark)が挿入されています。正しく取得できない場合がありますので、削除してください。

UTF-8形式にはBOMありとBOMなしの2種類があって、WIN10のテキストファイルでUTF-8に保存したらBOMありのほうになってしまうらしいです。

BOMなしじゃないとエラーが消えないみたいなので、色々試してみました。

UTF-8にまつわる大奮闘

まずWIN10のテキストファイルではBOMありとUTF-8形式しか選べないみたい。

terapadを使う

terapadでBOMなしのUTF-8形式で保存し直して、再度アップしてみました。

BOM(byte order mark)が挿入されています。正しく取得できない場合がありますので、削除してください。

このエラーは消えました。が、

ISO-8859-1″ は誤った文字コードです。utf-8で作成してください。

こちらは残ったままです。

.htaccessファイルに記述

私と同じようにエラーが消えない人はたくさんいるようで、.htaccessファイルに記述することでエラーを消せた!というブログ記事がたくさんヒットしました。

.htaccessファイルはads.txtをアップロードしたドメイン直下にあるファイルです。

このファイルに以下の記述をして保存。

でもダメでした。

ISO-8859-1″ は誤った文字コードです。utf-8で作成してください。

このエラーは出たままでした。

GoogleコミュニティでのGoogleの見解

もうお手上げ~( ゚Д゚)

不貞腐れてましたが、

「ん?そもそもGoogleのサーチコンソールからダウンロードしたファイルのコード形式が間違ってるなんてある?」

「https://fe.datasign.co/adstxt/ってGoogleのサイトじゃないよね?ここのエラーってそんなに重要視しなくちゃいけない?」

こんな疑問がふつふつと湧き上がってきまして、調べまくったところ、私と同じように悩んでいる人がGoogleコミュニティに質問してました。

その答えがこちら↓

下記の日本人が作られた確認ツールでは「“ISO-8859-1” は誤った文字コードです。utf-8で作成してください。」のエラーが出ても、ちゃんと半角英数字だけでads.txt が作成されていれば問題ありません。

これって「このエラーはまるっと無視していいよ!」という意味ですよね。

Googleコミュニティの全文はこちら↓

https://support.google.com/adsense/thread/7390914?msgid=7391421#

この見解の通り、https://fe.datasign.co/adstxt/のサイトで出るエラーのことは忘れて、この記事の最初で紹介した手順だけにもどして、様子を見ている途中です。

7月31日 追記

AdSense画面の警告は7月30日の夜には消えていました。処置をしてから、2日かかりました。

この待機している間に不安になってきて、色々なことを試すと思いますが、まずはグーグルが用意してくれているファイルをダウンロードして、そのままドメイン直下にアップロードすることで大丈夫です。

余計なチェックはしなくていいですよ~。

アンケートにご協力下さいませ♪

人気ブログランキングに参加しています。
記事がお役に立てたらアイコンをクリックしてくださいませ♪


人気ブログランキング

なおがひきこもりながら稼いでいるその方法とは?

何かご質問があればお気軽にメールくださいね。お待ちしています♪

お問い合わせはこちらから