在宅ライターをしながらアフィリエイト準備がおススメの理由

前回の更新からすごい日にちがたってしまいました( ;∀;)

この記事の続きです。

 

  1. 在宅ライターにはフリーランス型と内職型がある
  2. 内職型はびっくりするほど定収入
  3. 稼ぎたいならアフィリエイトがおススメだけど、内職型ライターから始める手もある

概要はこんな感じでした↑

内職型ライターからアフィリエイトを始めるといい理由

内職型ライターから始めるといいことが3つあります。

  1. 少しでも収入になる
  2. 稼げる記事の書き方がわかる
  3. 考え方を盗みながら自分の記事を書いていける

1.少しでも収入になる

書けば必ず収入になる!‥というのは、在宅ワークを始めたばかりの頃は何より励みになりますね。

アフィリエイトだと、記事を書いても書いても「書くこと」に対しての収入はゼロです。書き溜めていった記事にアクセスがあって初めて『収入化の可能性』が広がっていきます。

最初の3カ月は収入ゼロで書き続けないとダメなので、ここでアフィリエイトを挫折してしまう人がとても多いんですよ。

そして方向性が間違っていたり、記事の書き方がずれていたら3カ月書き続けても収入になる保証はありません。

誰でも始められる内職型ライターで、収入を得つつアフィリエイトの準備をしていくのが私のおススメです。

クラウドソーシングサイトはこちらの記事で紹介しています↓

2.稼げる記事の書き方がわかる

ライターを募集している(おそらく)アフィリエイターは、記事の書き方のマニュアルを渡してくる場合が多いです。

そしてアフィリエイト記事には欠かせない『キーワード』を提示してきたり、キーワードの探し方そのもののマニュアルをくれる場合も多々あります。

稼ぐための記事がどういうものかそのマニュアルから勉強できるし、『キーワード』の考え方も勉強できます。

納品して、記事内容に指摘がある場合も多々あります。その指摘も『稼げる記事の書き方』を盗むチャンスですね。

もらったマニュアルを返却要求されることはあまりありません。要求されたとしても考え方はもう盗み取れていますよね(^_-)-☆

3.考え方を盗みながら自分の記事を書いていける

納品した記事は依頼主に権利があるので、他に流用したり自分のメディアに公表したりはダメです。下手したら訴えられます。

でも、書き上げた記事と同じようなコンセプトの記事をもう一つ書き上げて、自分のブログやサイトに公表していくことは違法でもマナー違反でもありません。

稼げる可能性のあるキーワード、稼げる可能性のある記事、これらの考え方を盗んで、自分のメディアにアップしていくと、報酬とともに二度おいしくありませんか?

複数の依頼主から仕事を受けると、色々な戦略が見えてきます。

それらを真似して取り入れながら、自分の記事の方向性をみつけていくと、稼ぐ速度がグッとアップしますよ~。しかもお金をもらいながら(・∀・)

今はもう記事の外注化はしてない、なおからの提案でした。

ご質問があればお気軽にどうぞ♪

お問い合わせはこちらから